角盈男、遠山奨志…日本球界を彩った“いぶし銀”のワンポイント投手列伝

スポーツ 野球 2021年5月6日掲載

  • ブックマーク

 日本球界では、それは「一人一殺」と物騒な言葉で表現されることもある――。

 米球界では、昨季から試合時間の短縮を目的とする新ルール「スリーバッターミニマム」が採用された。先発もリリーフも最低3人の打者と対戦、もしくは、イニングの終わりまで投げなければ交代できないという、イニング間のワンポイントを禁止するルールだ。...

記事全文を読む