やることなすこと失敗だらけ 文在寅に対する審判の1年が始まった W市長選惨敗を受け

国際 韓国・北朝鮮 2021年4月10日掲載

  • ブックマーク

極めて強い市民の関心

 韓国の「4・7再・補欠選挙」(ダブル市長選)で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の政権与党「共に民主党」が惨敗し、野党第一党「国民の力」が、ソウルと釜山の市長の座を奪取した。昨年の国会総選挙で革新系与党に過半数の180議席を与えた国民が、保守系野党を選んだのだ。朴槿恵(パク・クネ)前大統領を弾劾して以来5年間、全国規模の選挙で4連勝を収め、来年の大統領選で政権維持を狙う与党に赤信号が灯った。...

記事全文を読む