泡沫候補希望の星「スーパークレイジー君」はなぜ当選したのか 選挙マニアの見方

国内 社会 2021年2月5日掲載

  • ブックマーク

36人中25位で当選

 埼玉県戸田市は東京都と埼玉県の県境に位置する、人口約14万人の小さな都市である。

 全国的にはさほど知名度は高くない。すぐ隣に住む都民でも「競艇場のあるところ」という程度の認識、少し事情通でも「藤田ニコルが育ったところ」くらいの認識かもしれない。最近では「病院で大規模クラスターが発生」がニュースになったこともある。

 ところがこの1月31日に行われた市議会議員選挙が意外な形で注目を集めることになった。

 理由は、「スーパークレイジー君」という個性あふれる名前の立候補者が当選したからである。

 職業は歌手。スーパークレイジー君党所属。34歳。

 通常こういう候補者は、ご本人には失礼ながら「泡沫候補」あるいは「インディーズ候補」と表現されることが多い。実際に、スーパークレイジー君には、2020年の都知事選に立候補したものの約1万2千票に留まり、落選した過去がある。

 ところが今回は36人中25位とはいえ912票を獲得して堂々の当選。

 一躍、全国の泡沫、いや個性派候補に希望を持たせる結果となったのである。

 なぜこのようなことになったのか。

 政治評論家などはこうした地方の選挙に関心を持たないが、世の中には各地の選挙を常に熱心にウォッチしている「選挙マニア」が実は存在する。『ヤバい選挙』の著作がある宮澤暁氏もその一人だ。国政選挙はもちろんのこと、常に全国で行われている選挙に注目して、個性豊かな候補者や、選挙をめぐる悲喜劇などを観察、研究するのがライフワーク。同書には東郷健、又吉イエス、奥崎謙三、後藤輝樹といった個性的な候補者たちのエピソードも紹介されている。

 そしてスーパークレイジー君も、前回都知事選立候補時には、こうした個性派候補の流れにある人物、というのが大方の見方だっただろう。

 それだけに、今回の当選は衝撃的だったことになる。

 では選挙マニアはこの当選をどう見たか。宮澤氏にコメントを求めてみた。

「知名度の高さから戸田市議会選のような定数の多いところでは下位当選する可能性はあるのではないかと思ってはいました。とはいえ、今回の当選にはかなり驚いています」

 やはり選挙マニアにとっても珍事だったようだ。

「スーパークレイジー君の異色ポイント、当選についての感想、選挙の注目点について、簡単なものではありますが、以下のように思っております。

都知事選時のようなパフォーマンスはしないと宣言

 まず、言うまでもなく名前のインパクトは強烈です。

 こんな名前でいいのか、と思われるかもしれませんが、本名以外の通称で立候補する場合はその通称が広く通用していることの証明が必要です」

 少なくとも市の選挙管理委員会は、広く通用していると判断したことになる。

「また、その奇抜な服装もインパクトを与えています。さらに、東京都知事選の際は歌って踊るというパフォーマンスで耳目をさらに集めました。私もこのパフォーマンスの姿を目撃しています。選挙初挑戦にあたる東京都知事選では後藤輝樹という強烈な存在がいたものの、それに次ぐ強いインパクトを人々に与えたと思います」

 もっとも、奇をてらったパフォーマンスをする候補者は過去にも多くいた。しかも、今回、スーパークレイジー君は基本的に、都知事選時のようなパフォーマンスはしないと宣言していた。ファッションこそ特攻服だったようだが、辻立ちで真面目に政策を訴えていたという。

具体的な政策を列挙した「選挙公報」

「スーパークレイジー君は強烈で異様な候補のように見える一方で、実はそれだけではない一面をのぞかせることがあります。特に今回の戸田市議会選ではこれが顕著に見えており、まじめに選挙に当選することを意識していました。例えば選挙公報を見てみると、具体的な地域の政策を列挙しています。(写真)

 名前を除くと、他の候補者と同じかそれ以上に真面目な政策が並んでいるのです。

 このほか、ツイッター等を見ていても、さまざまな点で単なる強烈な候補者とは異なり、地道に勝つためのやり方をしているところをのぞかせています。

 また、この手の候補にはスタッフがいないか、いたとしてもわずかですが、彼にはそれなりの規模のスタッフが存在している点も特徴としてあげられます。

 私は東京都知事選の演説を見に行きましたが、その際も前座で政治的な事を演説していたスタッフもいました。

 そういう意味で、スーパークレイジー君は、従来型の強烈な個性派候補者とは、毛色が異なると感じるところがあります。

 ここからは全くの憶測ですが、東京都知事選は知名度を上げることが目的で、本命は今回のような地方議会選にあったのではないかとすら思わせられます」

 この波乱の煽りを受けた候補者も当然いる。

「この市議会選挙では、珍しい現象が起きています。公明党の候補者が落選したのです。これはかなり珍しいことで、たいていの選挙で全員が当選するのですが、今回、公明党の新人候補者が次点で落選しています。これはスーパークレイジー君の存在が影響したとも考えられます」

 もちろん彼の当選に眉をひそめる向きもいるかもしれない。「不真面目だ」「ここに税金が投じられるのか」と。

 しかし一方で多くの人が、地元の市議、町議が何者で何をしているのかはもちろんのこと、名前すら知らないというのも現実であろう。

デイリー新潮編集部