韓国で「鬼滅の刃」公開 「反日不買はからかわれて当然」「意味も理由もないNO JAPAN」と一刀両断に

国際 韓国・北朝鮮 2021年2月1日掲載

  • ブックマーク

異例の単館上映でスタート

 韓国で2020年12月に公開予定だった「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」がコロナ禍による延期を経て、1月27日に封切りされた。反日不買運動が続く韓国では「鬼滅の刃」について以前からいくつかの論争があったが、今回の公開を韓国ファンはどのように受け止めているのか?

 今回の上映は最初の1週間に関しては、シネコンでの単館上映だった。

 たとえ日本で爆発的なヒットを記録した作品であっても、「反日を掲げる国」であるうえに「コロナ禍で閑古鳥が鳴く映画館」という悪条件を前にすれば、関係者が公開に及び腰となるのは仕方ないことだろう。

 権利関係者らが議論を重ねた結果、異例の単館上映と相成ったわけだが、公開初日の観客数は約6万6581人(シェア41・7%)で、ディズニー&ピクサー映画「ソウルフル・ワールド」を抜いて1位に。

 他の映画が上映されていない中で、この数字をどう評価するかは難しいところだが、ともあれ、観客の動きを見ていた他のマルチフレックスが次々に手を上げ、拡大公開されることとなった。

 通常、最新映画が公開される前にはマスコミ試写会や一般試写会が行われるが、映画配給会社が国民感情を意識したのか、本公開前にはマニア層の口コミを狙った有料試写会のみが行われていた。

 そもそもファンの中で作品に反日感情を抱く者はおらず、試写会にコスプレをして訪れた観客もいたほどだ。

 シネコン側も公開初日に2種類のチケットを用意する力の入れようで、更にはポスターやカード、ジグソーパズルなど、「鬼滅の刃」オリジナルグッズまで販売した。

 これらグッズ販売が、ファンを劇場へ足を運ばせるのに一役も二役も買ったのは明らかだろう。

 ファンの映画への評価も高く、「泣きすぎてマスクがびしょびしょになった」「とにかく目が離せない」「見なければ後悔する映画」「アクションがとにかく凄い!」と一様に興奮した反応を見せていた。

次ページ:耳飾りは変更

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]