ホラン千秋「Nスタ」がなぜか急上昇中 コロナ第3波で夕方ニュース戦争は激化

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 今年に入ってTBS夕方のニュース番組「Nスタ」が視聴率を上げている。1月11日は11・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)と過去最高を記録。だが、そこは敵も然る者、王者「news every.」(日本テレビ)は15・3%と、同時間帯ではさらに上を行っていた。新型コロナ第3波の影響もあるようだが、「Nスタ」上昇の裏には他の理由もあるようで……。

 ***

「news every.」が「Nスタ」にトップの座を明け渡したのは19年6月26日のこと。デイリー新潮では、「TBS『Nスタ』が日テレ『every.』に悲願の勝利 最大の功労者はホラン千秋ではなく……」(19年6月29日配信)で、たった1日だけながら、「Nスタ」が8・3%を取って、8・1%の「every」に競り勝ったことを報じた。その要因は、月~木曜のサブキャスターを務めていた国山ハセンアナらの活躍だと――。

 だが、そのハセンアナは、19年9月に立川志らくの「グッとラック!」に異動。同番組が今年3月で打ち切られるのは既報の通りだ。ハセンアナ抜きで、1月11日には11・2%も取れたのはなぜか。TBS関係者が分析する。

コアターゲットではカトパンが2位に

「やはりコロナと寒波により夕方の在宅率が高くなっているので、HUT(総世帯視聴率)が上がっています。11日は祝日ということもあり、18時台のHUTは58・9%と平日のゴールデン並みの高さですから、全体の視聴率も底上げされます。ただ、中でも『Nスタ』は上昇率が高く、最近は番組の作りが変わってきたように思います。サブの局アナを押しやり、ホラン千秋推しとなり、完全に彼女が主役になっています」

 ホランの功績大ということか。

「彼女はアナウンサー志望だっただけに、ニュース原稿もそつなく読んでいます。タレントっぽくないところがいいと思います。ただ、進行には遊びがなく、淡々と進んでいくのでちょっと窮屈な感じがします。その点、カトパン(加藤綾子)の『Live News イット!』(フジテレビ)のほうが遊び心がある。ちなみに13日の数字を見ると、『every』12・8%、『Nスタ』8・3%、『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日)7・1%、『Live News イット!』5・6%。一方、これをコアターゲット層(13~49歳)で見ると、『every』5・7%、『イット』2・2%、『Nスタ』2・1%、『Jチャン』1・0%と、『イット』が2位に浮上します」

 コンマ1の差ではあるものの、カトパンにとっては価値ある2位か。

次ページ:「every」の強さとは

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]