「稲川会」「住吉会」で抗争勃発 2日連続で病院前に血だるまのヤクザが放置された訳

国内 社会 2020年12月8日掲載

  • ブックマーク

 2日連続で、神奈川県、群馬県と距離が離れた別々の病院前に、血だるまになった男性が放置される恐ろしい事件が起きた。いずれも発見されるやすぐさま病院に担ぎ込まれたが、その後、死亡が確認された。実はこの2人、代紋を背負った現役の暴力団組員。ヤクザ映画のような血で血を洗う抗争事件が起きていたのだ。

 ***...

記事全文を読む