競泳「瀬戸大也」の白昼不倫 相手女性はSNSで“匂わせ” 

スポーツ 週刊新潮 2020年10月1日号掲載

  • ブックマーク

休憩4600円のホテルに

 9月24日発売の週刊新潮が報じた、水泳メダリスト・瀬戸大也(26)の白昼不倫(「競泳『瀬戸大也』が白昼不倫 ホテルでの事後、娘2人のお迎えへ…」記事参照)。愛妻家でイクメンとしても知られる瀬戸の不倫相手はいかなる人物なのか。彼女のSNSには“匂わせ”と思われる投稿が残っていて――。

 ***

 瀬戸は2017年に元飛込選手の馬淵優佳さん(25)と結婚。アスリートフードマイスターの資格を取得した優佳さんが、毎日の食事を通じ夫をサポートする様子を「味の素」のCMでご覧になった方も多いだろう。18年6月に長女が、今年3月には次女が産まれ、一家は都内の一軒家に暮らしている。

 あらためて「白昼不倫」について振り返ると、9月14日午後1時前に自宅を出た瀬戸は、近所の月極駐車場に停めてある「BMW X6」に乗り込み、足立区内の住宅街にあるコンビニエンスストアの駐車場に向かった。どこかに電話をかけたのち、再び走り出した車の助手席には、優佳さんではない女性の姿があった。

 その後、「休憩4600円」の古びたホテルに到着した二人は出入り口に歩いていく。二人が再びホテルの外に姿を現したのは、およそ1時間半後の午後3時半頃のことだ。

 その後、BMWは来た道を戻り、コンビニの近所で女性を車から降ろし、帰宅した。BMWを駐車場に戻して自宅に帰ると、家の中に入ることなく、今度はガレージ前の国産車の運転席へ。向かったのは近所の保育園と保育ルーム。長女と次女のお迎えである。

 この日、妻の優佳さんは仕事が入っていたため、瀬戸にお迎えを頼んだようだ。当日、インスタグラムには〈家で2人の子守をしてくれた旦那さんに感謝〉と投稿している。が、実際は〈子守〉の前に愛人と会っていたわけだ。これほどひどい裏切り行為があるだろうか。

次ページ:「この関係ゲロ吐きそう」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]