日本再上陸ヒュンダイ…「品質世界トップ・販売ベンツ超え」でもクレーム山積み

国際 韓国・北朝鮮

  • ブックマーク

Advertisement

問題点を発見した社員にコーヒー・クーポンを提供…

 普通、新車を発売する前に過酷な条件での走行テストを繰り返すが、このテストをパスしたからといって、一般道での走行に問題がないわけではない。ヒュンダイが一般道での走行テストを大幅に強化したのは評価できなくもないが、「え?それって基本じゃないの?」「今までやってなかったの?」とツッコミたくもなる。やっていなかったことはないのだろうから、問題点潰しを徹底するという意味合いだと受け取りたい。

 また、新車検査ラインの照明照度を高めたうえで、問題点を発見した社員にコーヒー・クーポンを提供するなど、社内の雰囲気向上に余念がないようだ。これで士気が上がるなら何も言うことはない。

 他方、この6月に日本再上陸を示唆したことにも改めて触れておかなければならない。最初に投下するのは、水素自動車「ネクソ」と言われている。航続距離は800km超を謳う。

 正確な金額は発表されていないものの、予想車両本体価格は900万円ほどになるようで、トヨタ・ミライの約750万円よりも高い。また、トヨタ主導で行っている水素ステーションも利用可能なのかという問題もつきまとうし、これまで挙げてきたような品質のことまで突き詰めようとするとキリがない。

次ページ:反日・不買運動の中で、国民は常に愛国心を試されている

前へ 1 2 3 4 次へ

[3/4ページ]