サムスン・ヒュンダイ…日本を模倣した2大企業は日本に依存し、韓国経済を支える

国際 韓国・北朝鮮 2020年8月13日掲載

  • ブックマーク

主力事業は食品と衣料で、主要な役員は砂糖と繊維を得意としていた

 韓国を代表する2大企業のひとつ、サムスングループの19年度の売上は韓国GDPの約19・4%を占め、もうひとつの現代自グループは同じく11・5%を占めた。両社なしには韓国は成り立たないというわけだが、そこには2社が日本を模倣し、日本に依存する現実がある。サムスンのギャラクシー携帯は、中身の70~80%以上が日本メーカー製といわれている。昨年の日本製品不買運動でも、不買を言う前にギャラクシーを処分すべき、という声が出たほどだった。改めて、韓国の模倣文化を浮き彫りにする。...

記事全文を読む