「石原裕次郎」三十三回忌 名脚本家が振り返る、兄弟分「勝新太郎」との絆

エンタメ 芸能 2019年7月17日掲載

  • ブックマーク

 戦後の日本人がもっとも愛した男というと、1987年7月17日に52歳の若さで逝去した石原裕次郎さんに違いない。だが、亡くなって32年が過ぎ、今日は三十三回忌。一般的には「弔い上げ」で、これが最後の年忌法要だ。事実、裕次郎さんを知らぬ世代も増えている。勝新太郎さん(1997年没、享年65)と兄弟分だったことが語られる機会もほぼなくなった。しかし、二人は紛れもなく固い絆で結ばれていた。

 ***...

記事全文を読む