「安倍謝罪像」のほか230超の慰安婦像が…安重根とのコラボ型など様々で

国際 韓国・北朝鮮 2020年7月30日掲載

  • ブックマーク

最初に作られたのは2011年12月

 韓国江原道平昌にある民間植物園が一躍”時の場所”となった。安倍晋三首相を象徴する人物が慰安婦少女像の前でひざまずき、頭を下げて謝罪する……いわゆる「安倍謝罪像」が8月の除幕を待つというニュースが流れたからだ。韓国で最初に慰安婦像が作られてから今年で9年、国内外全てを含めると230を超す慰安婦像が存在するという。日本政府の要請を無視し、”量産”される像。様々なモチーフを得て中には伊藤博文を暗殺して韓国では義士扱いの安重根とのコラボ型まで存在する。変形し、世界に拡散される実態をリポート。

 ***

 7月25日、韓国メディアは韓国自生植物園に設置されたという「安倍謝罪像」除幕の知らせを伝えた。タイトルは「永遠の贖罪」だ。

 私費を投じてこの造形物を作った金昌烈(キム・チャンリョル)韓国自生植物園の園長は当初、「贖罪を知らない日本が作品とともに頭を下げて贖罪して初めて、私たちが許しを考えられるということを形象化した造形物」とし、「安倍首相は、植民支配と慰安婦問題に対する謝罪を回避したという正反対行動をしていることをアピールし、反省を求める作品」と取材に回答していた。

 しかし論争が起こると「植物園の造形物で政治的目的はない」「安倍首相でない男性の姿を形象化したもの」と”翻意”。除幕式開催を取り消したのだった。

 慰安婦像が初めて建てられたのは2011年12月。正義記憶連帯(旧・韓国挺身隊問題対策協議会)が反日デモ「水曜集会」1000回を記念し、ソウル鍾路区の日本大使館前に設置した。

 この慰安婦像は金運成・金曙ギョン(キムウンソン・キムソギョン)の作家夫婦が製作(現在2人は正義連の役員)。チマチョゴリを着て短いおかっぱ頭の少女が、手を握り椅子に座った姿で日本大使館を見つめている。この高さ約130センチほどの慰安婦像は、日本でもっとも有名なものだろう。

次ページ:蝶・鳥・国旗など変形バージョン

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]