政府肝いり「Go Toトラベル」の割引を最大限利用した風俗業者の手口とは?

国内 社会 2020年7月21日掲載

  • ブックマーク

コロナの影響が少ない土地への遠征が活発化

 そうした業者が狙いをつけているのが、7月22日から始まる「Go To トラベル」だ。旅行業者を通じて宿泊プランを利用すれば、代金1人1泊あたり上限2万円が国からサポートされる。これに乗じ、地方への風俗嬢の遠征をさらに活発化させようと画策しているのだ。

 スカウトマンによると、業者から「地方へ派遣できる女性の斡旋依頼」が増えているという。コロナの影響で、需要が激減した都市部では稼げない風俗嬢が増えている。そうした女性を斡旋するのは難しいことではないということだ。

 地方で需要が増えているのかと思い、スカウトマンや元業者に訊ねると「特に需要が伸びている訳ではない」と話す。新規のコロナ感染者が出ていない地方も、連日の報道の影響か、需要は落ち込んでいるという。元業者は「『Go To トラベル』分の旅費や交通費の差額を徴収するつもりなのでしょう。利幅の狭い商売ですから取りやすいところから金は取るでしょう。風俗嬢の地方遠征は活発化するんじゃないですか」と推測する。

 Aさんも「おそらく差額分のお金は業者が懐に入れるのでしょう」と話す。それでも仕事のない都市部にいるよりはコロナの影響が少ない土地の方が、やはり客は多いだろうという。

「色んな土地に行くと、自分を気に入ってくれるお客さんもたまにいるんです。そういうお客さんと直接やり取りすれば、全国各地を回ってお金を稼げるかなって思うんですよね」(Aさん)

畑中雄也(はたなか・ゆうや)
1980年生まれ。出版社、新聞社勤務を経て現在は食品製造業を経営。

週刊新潮WEB取材班編集

前へ 1 2 3 4 次へ

[4/4ページ]