「クソ老人!」とののしられた 50代でネット婚活を始めた男が出会った“結婚できない女”たち

石神賢介 57歳からの婚活リアルレポート ライフ 2020年7月4日掲載

  • ブックマーク

 57歳で結婚願望が強くなっていったフリーランスの記者、石神賢介氏。婚活サイトで見つけた相性のよさそうな女性にメッセージを送信。デートすることになった。ところが、後日相手から投げつけられたのは酷いののしりだった……。

(文中の紹介文、登場人物はプライバシー保護の観点から一部を変更してあります)

女性へのメッセージ文

 さあ、いよいよ申し込みだ。

 とりあえず、婚活サイトの画面の最初のページにアップされているなかから5人にメッセージを送ることにした。その反応を見て、方向性やメッセージの文面を修正すればいい。

 メッセージの文章は基本形をつくって、それをもとに相手によってアレンジすることにした。

 具体的には次のような文面を考えた。

「はじめまして。

 真剣に出会いを求めています。

 〇〇さんのプロフィールとお写真を拝見して、知性、品のよさ、清潔さを感じました。お話するチャンスをいただけないでしょうか。

 僕には一度、結婚・離婚経験があります。パートナーとは、いいことも、苦しいときも、なんでも話し合える関係を築きたいと思っています。

 仕事はフリーランスの記者です。エンタテインメント系の取材記事やコラムが主です。

 ご検討、よろしくお願いします」

 プロフィール文と同様、長すぎず、短すぎず、頻繁に改行をして、読みやすさを心がけた。遊び相手ではなく真剣にパートナーを求めていることも示し、相手のどこに魅力を感じたかも明記した。

 顔が好きだったとしても「知性」「品のよさ」「清潔さ」に魅かれたと書くべきだ。

 そして、どんな女性を求めているか、どんな関係を築きたいか、自分の仕事を明確にした。さらに、趣味が近い女性や、相手の仕事に興味を覚えたら、そのことを書き加えた。

次ページ:「クソ老人!」とののしられる

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]