巨人、期待の新戦力「湯浅大」の健大高崎時代、67試合で盗塁68という韋駄天

スポーツ 野球 2020年07月04日

  • ブックマーク

ドラフトでは8位指名

 ついにブロ野球が開幕した。中でもセ・リーグは、昨年王者の読売ジャイアンツが開幕から4連勝を飾るなど、スタートダッシュに成功した形となっている。

 ***

 そんな好調なチームにあって、開幕1軍登録された選手の中で93番というひと際大きな背番号を背負っている選手がいる。内野手の湯浅大(ゆあさ・だい)である。

 今年プロ3年目の湯浅は右投げ右打ちで主にショートをこなす、ヤングジャイアンツの中でも注目の選手である。ちなみに、同じく若手の期待株である外野手の山下航汰(残念ながら現在は骨折してしまいリハビリ中)は同じ高校の1学年後輩だ。

 山下の先輩にあたる湯浅は、昨シーズンは2軍で、前年を大きく上回る67試合に出場し、打率2割4分をマークした。

 過去2年間は1軍公式戦への出場はなかったものの、今季はさらなる飛躍が期待されていた。

 そして湯浅はその期待にいきなり応えた。オープン戦では16試合に出場して23打数9安打で打率3割9分1厘という高打率をマークしたのだ。

 9安打のうち二塁打2本、本塁打1本と長打力の面でも成長をみせることができたのも大きかった。

 さらに開幕前の6月2日から再開された練習試合でも“見せ場”を作った。10日までの間に2本塁打を放つなど、開幕一軍に向けて猛アピールしたのだ。

 結果的に再開後の練習試合では10試合に出場して、25打数8安打の打率3割2分、2本塁打、8打点という堂々たる成績を残している。ついに念願の開幕1軍を勝ち取ったのである。

 そして守ってもショートをこなしているだけに、今や球団側は“ポスト・坂本勇人”、“坂本勇人の後継者”の最有力候補と考えているようだ。

 とはいえ、ファームの試合から真剣に観ているような熱心なG党には“釈迦に説法”となってしまうかもしれないが、ライトな読売ファン、ましてや他球団のファンにしたら、「湯浅大? 誰?? 聞いたことない」という選手に違いない。そこでここからは、この湯浅大という選手の経歴について詳しく語っていきたいと思う。

 湯浅は、早稲田実業(西東京)の清宮幸太郎(北海道日本ハム)と履正社(大阪)の安田尚憲(千葉ロッテ)という、東西の高校生スラッガーが注目されていた2017年のドラフトで指名された。

 だが、1位指名された2人とは対照的に、湯浅の指名順位は8位。ほとんど注目されることもなかった。

次ページ:右手首骨折の悲劇

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]