韓国で最も「尹美香=挺対協」を知る記者の告白、「6年に亘る我が闘争」

国際 韓国・北朝鮮 2020年7月2日掲載

  • ブックマーク

なぜ日本関連については誤報を出しまくっているのか

 韓国における慰安婦のシンボルであった李容洙(イ・ヨンス)さんの告発によって、尹美香(ユン・ミヒャン)=挺対協(正義記憶連帯)が重ねてきた不実や悪事が露見した。それよりもずっと前の2014年に尹美香がらみの記事を書き、刑事と民事の両方で訴えられたメディアがある。メディア批評を展開する「メディアウォッチ」がそれで、1977年生まれの黄意元(ファン・ウィウォン)代表取締役が、先の選挙で国会議員にまでのぼりつめた尹美香との闘いを振り返る。

 ***...

記事全文を読む