慰安婦支援団体のカネの流れの怪しさ、行政の超事なかれを告発する爆弾女史

国際 韓国・北朝鮮 2020年7月1日掲載

  • ブックマーク

透明性抜群の募金と寄付で不正を突く

 日本軍慰安婦だったと主張してきた李容洙(イ・ヨンス)氏が、正義記憶連帯(正義連)と尹美香(ユン・ミヒャン)を告発したのは2020年5月のことだった。慰安婦被害者の名を借りて私腹をこやし、慰安婦のおばあさんたちをサーカスの熊のように利用して嘘ばかりを言ってきた、正義連は解体されなければならないと記者会見を行ったのだ。これに対して国会議員となっていた尹美香はカネの流れを証明できないまま。それはそんなに難しいことなのか否か。敢えて尹美香らが行ったのと同様に、広く募金を集めることで真相に迫ろうとしたのが余明淑(ヨ・ミョンスク)氏。...

記事全文を読む