50代で婚活サイトに登録 そこで知った登録女性たちの共通点

石神賢介 57歳からの婚活リアルレポート ライフ 2020年6月20日掲載

  • ブックマーク

女性は写真修整アプリを最大限活用

 婚活サイトに会員登録すると、すぐに女性会員のプロフィールを閲覧できる。

 いるわ、いるわ。さっそく数を数えてみる。女性会員だけで5万人は登録しているだろう。20代も30代も40代もいる。女性会員に関しては、20代後半から30代が多いように感じた。50代もふつうにいる。60代も、70代もいる。50代が登録しても恥ずかしくないだろうか、という心配は杞憂だった。

 ネットでの婚活は若い層はもちろん、デジタルが得意とは思えない年配の女性にも広がっている。

 驚いたのは10代の会員もいることだ。10代から婚活するというのは、いったいどういうマインドなのだろう。そんなに若いうちから人生のパートナーを決めてしまって大丈夫なのか? 10代の女性会員の顔写真をまじまじと見た。

 女性会員の写真はほとんどが日常のスナップ。自撮りも多い。どの世代の女性もきれいだ。ただ、容姿に自信のない人は写真をアップしないのかもしれない。

 しかし、あれっ? パソコンの機能を使い拡大して見ると、多くの写真が不自然だ。まず、目がでかい。アニメのキャラクターのような巨大な目の女性もいる。もはや人間の目ではない。写真アプリを使って大きくしているのだ。

 年齢不相応に肌がきれいな人もいる。そんな写真の多くは、頬のあたりがのっぺりとフラットだ。肌荒れや毛穴をレタッチで消しているのだろう。

 写真は複数掲載できるが、自分自身ではなく、海外の景色や高級レストランの料理をアップしている女性が少なからずいる。旅行が好きだから連れて行ってほしいというアピールだろうか。

 プロフィールには、過去1カ月に何人の男性からアプローチされているのかが表記されていた。その多くが100人から200人、500人以上から申し込みを受けている女性も少なくはない。

 人気のある女性には明らかに共通点があった。露出の多い服を着ている写真、豊かな胸を強調している写真を掲載しているのだ。体にフィットしたニットを着て真横から撮影された、明らかに胸を意識させる写真もある。男たちがいかに単純なのかがよくわかった。そういう僕自身、露出の多い服の女性の写真を見るのは実に楽しい。

 そして、笑顔が魅力的な女性は人気がある。いわゆる美形でなくても、笑顔がやさしそうな女性にはたくさんの男性会員がアプローチしていた。

 女性の職業は圧倒的に美容系が多い。美容室、ネイルサロン、エステティックサロンなどに勤務しているということか。職場に男性がいないか、少ないからだろう。

 そして、自己紹介の中に次の一文が多いことが僕を勇気づけた。

「友だちがこのサイトでパートナーを見つけて結婚したので登録しました」

 このようなコメントが複数あったのだ。

 よっしゃ! 前向きな気持ちになった。

次ページ:婚歴あり女性の自己紹介文と猛烈に強気の女性の自己紹介文

前へ 1 2 3 次へ

[2/3ページ]