コロナ禍の怪 映画興行ランキングで2週連続1位になった“あまりに意外な作品”

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

製作総指揮と原作は同一人物

 安倍晋三首相が「緊急事態宣言を39県で解除する」と表明したのは5月14日。それから10日以上が経ち、映画界も復旧の動きが加速している。

 ***

 映画の興行成績や観客動員数の調査で知られる興行通信社は5月18日、運営サイト「CINEMAランキング通信」に、「新作『心霊喫茶「エクストラ」の秘密~』が初登場1位を獲得!(5月16日-5月17日)」の記事を掲載した。

 日本国内の《週末観客動員数TOP10》を紹介する「今週の映画ランキング」が約1カ月ぶりに更新されたことから、その結果を分析した記事だ。さっそく本文の一部を引用させていただこう。

《新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言により休館を余儀なくされていた全国の映画館だが、この週末37県の緊急事態宣言解除により約100サイトが営業を再開。また4月10日以降、公開予定でだった(編集部註:原文ママ)すべての新作映画が公開延期となっていたが、5月15日に『心霊喫茶「エクストラ」の秘密 The Real Exorcist』(日活)が全国66サイトで、5月8日からインターネット上に開設された「仮設の映画館」にて上映されていた『島にて』(東風)がフォーラム山形で初日を迎えた》

 記事では「サイト」という業界用語が使われているが、これは映画館1館を示す単位になる。つまり37県で緊急事態宣言が解除されたことを受け、約100館の映画館が営業を再開したわけだ。

 新作映画の製作はストップしている。公開できる作品は存在しないはずだ。一体、どんな映画が上映されているのだろうか。やはり記事から引用させていただこう。

《2位以降は既存作品に加え、昨年の大ヒットも記憶に新しい2位の『天気の子』(東宝)、5位の『君の名は。』(東宝)、6位の『シン・ゴジラ』(東宝)などアンコール上映されている過去のヒット作品がランクイン》

 まるで名画座だが、さらに昨年末に上映がスタートした「パラサイト 半地下の家族」[ポン・ジュノ監督(50):ビターズエンド]や、3月に公開されていた作品も上映が再開され、複数がベスト10入りしている。

 ところが、約1か月ぶりに復活したランキングで、1位の作品だけは5月公開の新作だったのだ。

 ご紹介した「CINEMAランキング通信」の記事でもタイトルに使われていたが、「心霊喫茶『エクストラ』の秘密 The Real Exorcist」という作品だった。

 どんな映画なのか、さっそく公式サイトを見てみると、《製作総指揮・原作/大川隆法》という文字が目に入る。

次ページ:「確実に収益が見込める作品」

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。