マスク不足は解消されたけれど…品質は二極化 知っておくべき“危ない商品”の見分け方

国内 社会 2020年5月20日掲載

  • ブックマーク

 日本がコロナ禍に見舞われて、はや四か月。長く品薄状態だったマスクも「簡単に買えるようになった」との声が聞こえるようになった。高騰していた価格も値下がりの動きを見せるが、しかし、その質はというと――。

 ***

 世界的なマスク需要増により、原材料の不織布「メルトブロー」の価格は20~40倍ほどに高騰。当然、その値上げ分は販売価格にも跳ね返るため、チェーンの薬局などの大手は、ぼったくり批判をおそれ、高額ではマスクを販売できない。一方、中国ではこぞってマスク生産に乗り出す業者が現れた。結果、行き場を失ったマスクは、普段ではマスクを売らないような個人店に出回り、さらに供給過多のために値下がり始めた……。5月9日配信記事「早くも『マスク』の値段が下がり始めたウラ事情 再び高騰の可能性も…」で流通アナリストの渡辺広明氏が解説したのは、こんな内容だった。

 4月半ばには50枚入りが3500円前後で販売されていたマスクは、現在、〈複数の露店が、50枚入りの1箱を2千円前後で販売している。「3千円で売るつもりだったが競合を考慮して2500円に下げ、さらに500円値引きした」とある販売員は打ち明ける〉(「西日本新聞」5月18日配信記事、福岡市博多区の露店の価格)という状況だ。

 だが、一方でこんなケースも。

「都内の某有名ディスカウントショップで、不織布マスクを購入しました。5枚入りで280円のメイドインチャイナ製品です。見た目は普通のマスクだったのですが、翌日、このマスクをつけて外出したところ、数時間で横に裂けてしまい……。中の紙というんですか、フィルターが破れてしまったんです」(消費者)

 マスクバブルに沸く中国では、新規参入業者は9000社超ともいわれる。当然、マスク作りのノウハウなく参入する業者も少なくないのだろう。SNSにも〈急遽買った中華製マスク(5枚入り500円)、ちょっと引っ張ったくらいで破けた〉〈親がスーパーで買ったマスク送ってくれたのだけど、ちょっと引っ張るだけで耳紐抜ける〉といった、マスクの“質”を問題視する声が散見される。

次ページ:二極化するマスクのクオリティ 見分け方は

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]