なぜ「子どもたちのテレワーク」はすすまないのか? 学校教育を「がんじがらめ」にしている正体 

国内 社会 2020年4月5日掲載

  • ブックマーク

 東京都では公立校の授業再開延期が決まり、小中学校の休校もまだ続きそうだ。そんな中での大きな問題は、子どもたちの授業をどうするのかということ。社会人は家で作業をするテレワークがかなり進んできたが、子どもたちが家で授業を受けられるという形にはなっていない。

 とはいえ、学校と家を通信でつないで授業をすることは、技術的には難しくないような気もする。なぜ今まで進んでこなかったのだろうか。

 実は、政府はこれまでも通信を使った「遠隔教育」を推進しようとしてきた。...

記事全文を読む