ウグイス嬢買収事件 スマホ押収で「河井夫妻」と検察が乱闘寸前 強引捜査のワケ

国内 政治 2020年3月7日掲載

  • ブックマーク

夫妻は都内ホテルに潜伏

 TBSの動画ニュースサイト「TBS NEWS」は3月5日、「広島地検が河井夫妻の携帯押収、“関与”捜査へ」と報じた。

 ***

 河井夫妻とは、前法務大臣の河井克行・衆議院議員(56)[自民党・広島3区]と、河井案里・参議院議員(46)[同・広島県選挙区]の2人を指す。

 2人の秘書が逮捕された公選法違反事件、その捜査の一環だが、原点は週刊文春の報道だった。

 同誌は2019年11月7日号で「法務大臣<河井克行>夫婦のウグイス嬢『違法買収』」との記事を掲載した。

 報じられた疑惑は、19年7月の参議院選挙で、河井案里議員が13人の“ウグイス嬢”に3万円の日当を払ったというものだった。

 公職選挙法はウグイス嬢を「車上運動員」と呼び、その日当を「1万5000円を上限」と定めている。3万円を払っていたのが事実なら、確かに法律違反だ。

 更に文春は、夫の河井克行議員が、妻の選挙で指揮を取っていたと指摘。そのため「夫婦」の疑惑として報じた。

 この報道を受け、広島の市民グループなどが広島地検に告発。地検は受理し、20年1月に夫妻の事務所が捜索された。

 この時、NHKなどが「ウグイス嬢は2種類の領収書にサインを求められた」と報じた。1枚は公選法通りの金額が書かれ、もう1枚の額を足すと、文春が報じた3万円になったという。

 3月3日、広島地検特別刑事部は、河井案里議員の公設秘書や河井克行議員の政策秘書など3人を公選法違反(運動員買収)の容疑で逮捕。そしてTBSが5日に、携帯の押収を報じたわけだ。TBS NEWSの記事を引用させていただく。

《地検が秘書らを逮捕した日の夜、滞在先のホテルで捜査に関わる令状を示したうえで、河井議員夫妻から携帯電話を押収したことが関係者への取材でわかりました》

 あっさりとした記述だが、実際はそんなものではなかったという。阿鼻叫喚の大騒動と形容してもオーバーではなかったようだ。自民党関係者が明かす。

「河井夫妻はマスコミから逃げるため、都内のホテルに潜伏していました。秘書が逮捕されたのは3月3日のことでしたが、その日の深夜、広島地検の係官が部屋を訪れたそうです。地検サイドは令状を示し、夫妻の携帯電話を押収しようとしました。すると夫の河井克行議員が激しく抵抗。口論どころか、もみ合いになったそうです。克行議員は『足をケガをした』として、翌4日に都内の病院で治療に行ったとの話も出ています。ひょっとすると診断書を取って、地検の捜査に問題があるとアピールするつもりなのかもしれません」

 更に衝撃的なのが、妻の河井案里議員に対する“捜索”だったという。

「地検の係官は同じように、妻の案里議員に携帯電話の引き渡しを要求したのですが、夫と同じように拒否したそうです。結局、地検は案里議員の携帯を押収するのですが、この際、係官は持ち物検査で『何か隠しているのではないか』と疑い、服を脱がせようとするなど、かなり強引なことをしたそうです」(同・自民党関係者)

 これには「検察は、さすがにやりすぎ」との声も出ているという。政治担当記者が続けて言う。

「ただ永田町では、それ以上に、広島地検の河井夫妻に対する強気の姿勢が話題になっています。分かりやすく言えば、地検は完全に臨戦態勢で、気合い充分なのです。携帯の押収が重要なのは分かりますが、それだけでなく、地検は捜索で断固とした態度を見せ、『おざなりな捜査ではない』と官邸やメディアにアピールしたのではないでしょうか」

次ページ:検察は官邸に反逆!?

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]