東京に候補者を立てないで……れいわ「山本太郎」が立民幹部の要請を“小っちぇ”と嗤う

国内 2020年2月28日掲載

  • ブックマーク

ポイントは「消費税5%」

 れいわ新撰組の山本太郎代表(45)が、立憲民主党で選対委員長を務める長妻昭衆議院議員(59)[東京7区]の発言をユーチューブ上で暴露、長妻選対委員長が“面子”を潰されたことをご存知だろうか。

 ***

 反響は大きかった。ニュースサイトのBLOGOSでは19日、田中龍作氏が記事「長妻氏側が山本太郎側に圧力『立憲の選挙区に候補者を立てないでくれ』」を公開したほか、山本代表の発言内容がツイッターなどでも拡散したようだ。

 なぜ、こんなことが起きたのか。れいわ新撰組の公式サイトには《#れいわが始まる 2020山本全国ツアー 2月のおしゃべり会 中止のお知らせ》という告知が掲載されている。

 山本太郎代表は、全国各地で支援者などと交流を持つイベントを開いてきた。2月の場合、愛知県、兵庫県、山口県で開催が予定されていた。

 ところが公式サイトによると、《新型コロナウイルスの状況などを踏まえ》て中止を決定。代わりにユーチューブで「山本太郎とネットでおしゃべり会」をライブ配信することになったという。

 配信ではチャット機能を使い、視聴者からの質問に答えることに……。問題の暴露は2月18日の生中継だった。

 さっそく内容をご紹介したいが、その前に3点の説明をさせていただく。1点目は、れいわ新撰組は《次期衆院選 公認候補予定者》を発表しているということだ。

 2月21日現在、公式サイトによると、東京の小選挙区から4人、埼玉1人、千葉2人、静岡、愛知、大阪が1人ずつという内訳。また全員とも比例重複になっている。

 2点目は、ユーチューブで配信された動画では、長妻選対委員長の他に、立憲民主党幹事長を務める福山哲郎参議院議員(58)[京都府選挙区]の名前が登場するということだ。

 そして3点目だが、山本代表は次期の衆院選では、「消費税5%」を統一政策にする野党とは共闘すると発言している。例えば毎日新聞は19年7月30日、「山本太郎氏 次期衆院選の野党共闘、消費税5%は絶対条件」と報じた。

 この3点を踏まえた上で、ライブ配信の内容をご紹介しよう。長さは約30分だが、終わり頃に視聴者からの「立憲民主党とコミュニケーションは取れているんですか?」の質問を、山本代表が自ら読みあげた。

 その後の彼の発言を、動画から載録させていただく。読みやすさを優先するため、「えー」とか「あの」といった発言は削除した。

次ページ:計算ずくの暴露トーク?

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]