綾瀬はるかの「天然司会」が視聴率最低の紅白唯一の救い?

芸能 週刊新潮 2020年1月16日号掲載

  • ブックマーク

 大河ドラマだけでなく紅白歌合戦までもが、歴代最低視聴率を更新した。第2部の視聴率が37・3%と、2部制になった1989年以降で最低だったのだ。

「大ヒット曲もなく、話題になる大物アーティストの参加もなかった。それをカバーしようと企画を乱立して、本来の歌合戦としての姿を見失っていました。予想通りの結果でしょう」(NHK関係者)

 その中で、唯一の救いだったのが紅組司会者の綾瀬はるか(34)だという。

...

記事全文を読む