メジャー1年目「松井秀喜」の本塁打は16本、「筒香嘉智」はこれを上回る可能性がある

野球 2020年1月6日掲載

  • ブックマーク

 12月16日(日本時間17日)、ポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた筒香嘉智のレイズ入りが発表された。二刀流の大谷翔平(エンゼルス)を除くと、日本人野手としては久しぶりのメジャーリーガー誕生となる。これまでアメリカで活躍した日本人野手はイチロー(元マリナーズなど)を筆頭に三拍子揃ったいわゆるリードオフマンタイプが大半で、筒香のような強打者タイプで結果を残したのは松井秀喜(元ヤンキース)くらいである。果たして筒香は松井に次ぐ成功例となれるのか、またそのために重要なポイントはどこにあるのか、二人の成績やチーム事情などから探ってみたい。...

記事全文を読む