巨人、総額50億円の「大型補強」を検証 成功だったのか、それとも…

スポーツ 野球 2020年1月1日掲載

  • ブックマーク

「のびのび野球」を合言葉に原辰徳監督が3度目の就任をはたした巨人は、5年ぶりのV奪回を目指し、FAやトレード、新外国人獲得など総額50億円規模ともいわれる大型補強を行った。その結果、2019年は日本一こそ逃したものの、2位・DeNAに5.5ゲーム差をつけ、V奪回に成功した。...

記事全文を読む