氷川きよし「男らしさ強いられ自殺も考えた」生きづらい胸の内を初告白

エンタメ 芸能 週刊新潮 2019年12月19日号掲載

  • ブックマーク

 夏目漱石は『草枕』で〈とかくに人の世は住みにくい〉と嘆き、続けて〈どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画(え)が出来る〉と書いた。翻って「演歌の貴公子」もその境地に至ったのか。本誌(「週刊新潮」)の直撃取材で初告白した「生きづらい」胸の内とは――。...

記事全文を読む