秋元司議員の逮捕を目指す森本宏特捜部長の「狂気」と「出世」

国内 政治 週刊新潮 2019年12月26日号掲載

  • ブックマーク

 秋元司衆院議員が標的とされる東京地検特捜部の捜査が佳境を迎えた。10年ぶりに“バッジ”を挙げられるか――。そんな検察の悲願も背負って突き進む森本宏特捜部長は、検察トップへの道もひた走っている。

 かつては「最強の捜査機関」の名を恣(ほしいまま)にした東京地検特捜部。だが、2010年1月に石川知裕衆院議員(当時)を政治資金規正法違反で逮捕して以来、政治家を手がけていない。...

記事全文を読む