“男性がトイレまでついてくる”“授乳をじっと見られる”災害避難所の性被害は「大したことじゃない」のか?

社会2019年11月1日掲載

  • ブックマーク

「わたしはフェミニストじゃないけど、女はたしかに生きるの大変かもね」

 そう言ったのは、わたしの友人だ。野球とサンタナの音楽が好きな大酒飲みで、アルバイト先で知り合って以来、もう十何年の付き合いになる。今は結婚して子どもがいて、年に1、2回しか会わない。会えば音楽や政治や社会問題や将来について、酒を飲みながら話し合う。

「でも、わたしは柊ちゃんみたいに直接女性差別を見たり、被害に遭ったりしたことがないからなあ」

 彼女は、まるで自分がそんな大層なことを語る資格なんてないとでも言いたげだ。...

記事全文を読む