W杯で増加「にわかラグビーファン」を定着させるには “企業の部活”からの脱却が課題

スポーツ週刊新潮 2019年10月31日号掲載

  • ブックマーク

 瞬間最高視聴率は今年最高の50%超え。ブームによって増えた「にわかファン」を定着させるには、日本がより強くなければならない。日本ラグビー協会副会長の清宮克幸氏が陣頭指揮を執るプロリーグ設立はその一環だ。要諦は「今年11月に参加チームを募集、目指すのは21年秋の開幕、W杯日本大会の開催12都市を本拠地とし、放映権料を収益の柱とする」といったものだ。担当記者の分析。...

記事全文を読む