高卒ドラ1 ロッテ「佐々木」、ヤクルト「奥川」に早くも続々不安の声

野球週刊新潮 2019年10月31日号掲載

  • ブックマーク

 10月17日、プロ野球ドラフト会議が行われた。

 注目は“163キロ右腕”の大船渡(岩手)佐々木朗希と、“甲子園準V”星稜(石川)奥川恭伸の2投手。佐々木には西武、日ハム、楽天、ロッテのパ4球団から、奥川には巨人、阪神、ヤクルトのセ3球団から指名が集まり、それぞれ抽選でロッテとヤクルトが交渉権を獲得した。...

記事全文を読む