佐々木朗希は千葉へ…高身長右腕「藤浪晋太郎」の“二の舞”を避けられるのか?

野球 2019年10月18日掲載

  • ブックマーク

「令和の怪物」は千葉へ……。10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議で、最速163キロ右腕の岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手が4球団競合の末、ロッテに指名された。

 佐々木は2年夏の岩手大会で154キロを計測し、現エンゼルスの大谷翔平が花巻東高2年時の最速151キロを上回って注目を浴びた。今年4月のU-18ワールドカップ(W杯)では高校日本代表に選出され、代表合宿の実戦形式の投球で、日本の高校生史上最速となる163キロをマークし、MLBも注目する存在となった。...

記事全文を読む