関西電力幹部が森山栄治高浜町元助役からの金品を拒めなかった本当の理由

社会週刊新潮 2019年10月10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「関電」が震え上がった「高浜原発のドン」呪縛の核心(1/2)

 日本の原子力発電所の約4分の1が集まり、“原発銀座”と呼ばれる福井県の若狭湾沿岸部。その最西端にある人口1万人あまりの小さな町では、町役場OBたちがこんな話をしている。

「森山さんは常にパリッとした背広を着ていて、仕事に厳しかった。でも、ほかの市の市長さんや霞が関の人が帰るときは、お辞儀をして車が見えなくなるまできちんと見送っていたね」...

記事全文を読む