大迫傑、設楽悠太はMGCで五輪内定ならずも陸連関係者は「万々歳」の理由

スポーツ 週刊新潮 2019年9月26日号掲載

  • ブックマーク

 東京五輪のマラソン代表を決める「MGC」が行われ、上位2名が内定した。

 下馬評では、現日本記録保持者の大迫傑(すぐる)(28)と、前日本記録保持者の設楽(したら)悠太(27)に加え、昨年の福岡国際で14年ぶり日本人Vを果たした服部勇馬(25)と、アジア大会Vの井上大仁(ひろと)(26)が“4強”と言われた。...

記事全文を読む