岡田有希子「最後のファンミーティング」で流された「未公開テープ」に涙が止まらない

エンタメ 芸能 週刊新潮 2019年9月5日号掲載

  • ブックマーク

 そのテープから編集された岡田有希子の歌声が流れると、あたりは静まり返った。涙を流すファンもいる。8月25日、東京・中野サンプラザ。15階の小宴会場で、これが最後となる「岡田有希子ファンミーティング」が開催された。

「事件後、私が“第一報”で伝えたのが、生田智子さんでした。今日は、33年ぶりに会えて胸のつかえが取れた気がします」

 と、岡田の自殺直後の秘話を元マネージャーが語り出す一幕もあった。

 この催しは4回目。ファン熱が昂じ、自費で岡田のためのラジオ番組まで制作している名古屋市の医師・山口悟氏主催の無料イベントで、抽選のすえ約100人が集まった。40、50代男性が中心だが、女性も3割ほどいる。そして元マネージャーやコンサートの舞台監督なども駆けつけた。

 冒頭に名前が出た女優の生田智子さん(サッカーのゴン中山夫人)は、1985年のTVドラマ「禁じられたマリコ」での共演を機に仲良くなった当時の親友である。この日、内容には触れなかったものの、自殺前夜に電話があったことを明かした。

 会は、そのドラマでの思い出や在りし日の岡田の姿など、思い出を懐かしみ、慈しみながら進んでいったが、ファンも驚きの「お宝」が二つ用意されていた。

次ページ:最初で最後の公開

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]