暴力団への「闇営業」でメシが食えた元吉本芸人の懺悔録

芸能週刊新潮 2019年7月11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

そんなに悪いか「吉本の闇営業」(2/2)

 雨上がり決死隊の宮迫博之らが処分された「闇営業」問題。明石家さんま、岡村隆史といった芸人からは“直(ちょく)の仕事”が必要な現実と、それゆえ反社会的勢力とつながったことへの嘆きの声も上がる。主戦場がテレビに移ったことで、芸人にも、一般市民と同じ法令順守の意識が求められる時代。ゆえに「破天荒な芸人がいなくなった」と、演芸評論家の保志学氏はいう。

 ***...

記事全文を読む