必要は発明の母のような顔をしているが(古市憲寿)

社会週刊新潮 2019年7月11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 雑誌「Wedge」を読んでいたら、英語教育改革にページが割かれていた。大学入試において、これまでの「読む」「書く」「聞く」に加えて、特に「話す」能力が問われるようになるというのだ。

 面白かったのは記事の最後に掲載されていた成毛眞さんのインタビュー。成毛さんによれば、英語が必要な日本人なんてせいぜい1割程度。それも生きた英語を仕事の中で身につければいいと主張する。...

記事全文を読む