まるでインディ・ジョーンズ!? 「日本一の恐竜化石」を発掘した学者の、壮絶すぎる日常業務

IT・科学 2019年7月3日掲載

  • ブックマーク

インディ・ジョーンズも真っ青

 北海道で発掘された「むかわ竜」は、新属新種であることが極めて濃厚――驚きの記者発表が6月18日に行われた。この「むかわ竜」は約7200万年前(白亜紀後期)の地層から発見された、全長8メートル以上にもなる大型植物食恐竜だ。頭部からしっぽまで、8割以上の骨が発掘されたことから「日本一の恐竜化石」とも言われる。
 さらにその化石には「他の恐竜には見られない固有の特徴が数多く見られる」というからまさにメード・イン・ジャパン、研究内容が学術誌に掲載されれば、現在のニックネームに代わって正式名がつくことになるのだ。...

記事全文を読む