韓国で有名大学のマスコット犬が出入り業者の晩飯に…犬肉食の最新事情を探る

国際 韓国・北朝鮮 2019年7月2日掲載

  • ブックマーク

マスコット犬の末路

 今年6月中旬、韓国で1頭の犬がニュースの主役となった。

 この犬は、首都ソウル近郊の水原女子大学構内で飼われていた「カムスニ」。多くの学生にかわいがられ大学のマスコットとなっていたが、5月11日から姿が見えなくなった。

――韓国で「犬がいなくなった」というと、盗難や逃走などのほかにある心配をしなくてはいけない。それは、誰かに食べられてしまった可能性だ。果たしてカムスニは、哀れにもこの通りの運命を辿った。

 カムスニを飼育していたのは、大学と契約していた清掃・警備業者の職員A氏。ごみ捨て場を荒らす猫を追い払うため、昨年後半に迷い犬を連れてきたという。だがカムスニは見る見る大きく成長し、一部の学生から「怖い」という声が上がった。そこで大学がA氏に、カムスニを別の場所へ移すよう求めたという。

 学生らがカムスニの行方を心配して騒ぎ出すと、A氏は「近くの農場主に譲った」と説明。だが不審に思った学生らがさらに業者を追及したところ、A氏の部下が真相を白状した。A氏、農場主、A氏の部下の3人はカムスニをすぐ食肉処理場に連れていき、近隣住民も交えて犬肉パーティを楽しんだそうだ。

 かつての韓国で、こうした話は日常茶飯事だった。だがいまの若い世代には、もう縁遠い過去の話だ。水原女子大学はマスコット犬の末路にショックを受けた学生らのため、心理ケアを行うと伝えている。

 その一方で学生らは、事件関係者の処罰を求めて地元警察署に陳情書を提出した。これが日本なら、動物愛護法違反で摘発されるところだろう。だが韓国では、必ずしもそうならない事情がある。

次ページ:国会前を占拠する犬たち

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]