「男はつらいよ」メンバーをタヒチ旅行に招待した渥美清の知られざる素顔

エンタメ 芸能 週刊新潮 2019年6月20日号掲載

  • ブックマーク

 今年は映画「男はつらいよ」の第1作公開から50年。だが、寅さんのことなら知っているけれど、渥美清の素顔は誰も知らない。自宅や事務所に人を近づけなかったとの逸話も数多くある。1996年、68歳で逝った名優のプライバシーは、最期まで鋼鉄のベールで守られていたとされるが……。

「蛾次郎、寅さんの唄は歌えるかい?」

「ええ、歌えます」

 バンドが、お馴染みのイントロを奏でる。

「私、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で……」

 聞こえてきたのは、あの声、あの口上。その場の酔客は目を見開き、耳を疑った――。数々の作品で渥美と共演した、佐藤蛾次郎氏(74)の述懐だ。

「渥美さんと2人で六本木のサパークラブに行ったとき、やってくれたんです。『男はつらいよ』の後半期だったので1980年代の終わりごろかな。とにかく、店じゅうがビックリでしたね。これを知り合いに言っても、“嘘だ。渥美さんはそんなことしない”って、誰も信じてくれないんだよ」

 この出来事の少し前には、次のようなこともあった。佐藤氏によると、「寅さんシリーズの20作目のころ」というから、77年(昭和52年)前後であろう。

「渥美さんから突然、タヒチへ行こうと誘われたんです。山田洋次監督とさくらさん(倍賞千恵子)、カメラマンも一緒でした。1週間ほどリゾートでのんびりして、ご飯を食べたり騒いだり。渥美さんが全員の旅費を出してくれました」

次ページ:いっさい何もせず

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]