勝新太郎、見栄っ張りが高じて借金20億円! 賭場のヤクザにも怯まず

エンタメ 芸能 2019年06月19日

  • ブックマーク

 芸能人のスケールも小さくなったと言われて久しいが、だからこそ、昭和の大物の桁違いの逸話が語られ続けるのか。うずたかく積み上がった借財も、20億円超と桁外れであった勝新太郎の豪快借金伝説。

「勝さんがあれほど借金を重ねたのは、最後まで見栄を張り通すためだったのではないでしょうか」

 そう解説するのは芸能レポーターの前田忠明氏だ。

「1954年(昭和29年)に大映に入社した勝さんの同期には、歌舞伎役者の市川雷蔵さんがいました。当初、2人の月給は、雷蔵さんが30万円で、勝さんは3万円だったそうです。これにショックを受けた勝さんは、カネを使って注目を浴びようと考えたというわけ。超高級スーツに身を包み、身銭を切ってリムジンに乗る。そう演出することで、名前を覚えてもらえるよう努め、実際、それに成功したのです」

 67年に「勝プロダクション」を設立すると、カネ遣いはさらに奔放になる。

 当時、勝と酒席を共にしたある芸能デスクは、

「勝さんと一緒に飲みに行くと、人数が雪だるま式に増えていくんです。最初4、5人だったのが、行く店行く店で“一緒に飲みに行こう”と声をかけ、銀座の高級クラブで最後は20~30人になる。一晩で200万~300万円は、平気で使っていたと思いますよ」

 豪快な夜のカネ遣いも借金の原因のようだが、別の芸能記者はこうも言う。

「あの人の借金の原因は、飲み代よりも制作費。何ごとも妥協できない性格だから、テレビ局から2千万しか出ない番組に、3千万かける。地方でのショーでも、バックバンドに有名どころを連れていき、仕込みにギャラ以上のお金を使ってしまうんです」

 賭場のヤクザに借金を重ね、恫喝されても怯まなかったそうだが、中でも頼ったのが「浅草ロック座」の名誉会長、齋藤智恵子さん(故人)だった。

次ページ:最初は富三郎が…

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]