“令和よろしく”でTWICE日本人メンバーが炎上、徴用工の子孫も抗議で韓国メディアは…

エンタメ2019年5月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

改元をまたいで炎上したインスタのコメント

 改元の話題で一色になった2019年のゴールデンウィーク。一方お隣の韓国では同じ頃、日本の元号が反日感情に火をつける騒ぎが起きていた。きっかけは4月30日、ある女性アイドルが公式インスタグラムに投稿した次のコメントだ。(高月靖/ノンフィクション・ライター)

「平成生まれとして、平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れ様でした!!! 令和という新しいスタートに向けて、平成最後の今日はスッキリした1日にしましょう!」。コメントにはまた「#平成ありがとう #令和よろしく #fancy(※編集部註:4月22日発売の新曲)もよろしく」のハッシュタグ(リンク)も添えられていた。

 日本語で書かれたこのコメントの主は、K-POP市場で1、2を争う人気女性アイドルグループTWICEのサナ(22)。本名は湊崎紗夏、大阪府出身の日本人だ。

 だがこの発言に対して、韓国では多くのネットユーザが不快感を露わにした。「韓国の公式アカウントに日本語で政治的な投稿をするのは、韓国人ファンに対して失礼」「日本人メンバーが公式アカウントで天皇の話をするのは非常識」「自分の祖先のせいで年号がなくなった国があるのに」「アイドルをやるなら日本に帰ってやれ」――。日本でも翌5月1日頃にいくつかのメディアが取り上げていたが、韓国ではその後もしばらく話題がくすぶり続けている。

次ページ:平成へのメッセージと軍国主義

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]