【新潮45】なぜ「韓国の常識は、世界の非常識」なのか 歪んだ教育が生む「選民意識」

韓国・北朝鮮新潮45 2018年3月号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 慰安婦問題や北朝鮮との宥和政策など、国際的な取り決めを一方的に反故にし、自分たちだけの勝手な理屈で動く韓国。なぜそのような理屈が通ってしまうのか。なぜ「韓国の常識は、世界の非常識」と言われるのか――。評論家の室谷克実氏は、「世界で稀な優秀なる単一民族、と教えられるからそうなるのだ」と解説する。(以下「新潮45」3月号、【特集】「非常識国家」韓国 「歪んだ教育が生む『選民意識』の国民たち」(室谷克実)より抜粋)

 ***...

記事全文を読む