「ニコラス・ケイジ」が4日で離婚 日本人“エリカ”とは何者か

芸能週刊新潮 2019年4月11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ハリウッド映画界の名門、コッポラ家出身の俳優、ニコラス・ケイジ(55)の存在感は強烈である。私生活でも幾度の結婚などで話題を振りまいてきたが、4度目の結婚は、なんと4日で破綻したという。お相手の「エリカ・コイケ」なる女性、いかなる人物なのか。

 1995年の映画「リービング・ラスベガス」はアルコール依存症の男と娼婦との恋物語。この作品で、ニコラス・ケイジはアカデミー賞をはじめ、各賞の主演男優賞を総ナメにした。

 お騒がせ俳優としての横顔も有名で、結婚3回、流した浮名は数知れず。放蕩癖もあり、豪邸や高級車は言うに及ばず島にお城、恐竜の骨まで購入。近年は税金滞納や豪邸差押え、カツラ疑惑まで報じられていた。

「最近では、B級C級の映画にしか出ていませんね。今回の騒動は、彼が『リービング・ラスベガス』で演じたアルコール依存症の男性に重なります」

 映画評論家の北川れい子さんがこう評する一件は、3月下旬に幕が開いた。

 米ゴシップサイト「TMZ」が“交際相手のエリカ・コイケと4度目の結婚か”とのスクープを放ったのだ。曰く、交際は2018年4月ごろから。ニコラス・ケイジが撮影で訪れたプエルトリコで一緒に過ごす姿や、ビバリーヒルズでの逢瀬も目撃されている。彼女はメイクアップアーティストのようだが、経歴は不明――。

 在米のライターは言う。

「続報が次々と出ましてね。2人で結婚許可証を申請しに行った際、ニコラス・ケイジは泥酔状態で“彼女は俺の金を全部持っていくんだ!”と叫ぶ動画がすっぱ抜かれ、その4日後の結婚取り消し申請も露見しました。ただ、彼女が何者なのかは分からないままです」

次ページ:「日本とタイのハーフ」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]