【平成最凶の事件簿4】わが子が「酒鬼薔薇」だと知ったとき

社会 2019年4月12日掲載

  • ブックマーク

 平成9年6月、その日の朝日新聞は1面と第1から第3までの社会面、都合4面を使ってその事件を報じている。「淳君事件 中3男子を逮捕」「まさか中学生が」「社会に挑戦なぜ」…、神戸・連続児童殺傷事件、いわゆる「少年A」の登場だった。これ以前から未成年者による殺人は起きていたが、これ以降、少年犯罪は発生のたびに国民的注目を浴びるようになった。昭和時代にはなかった現象と言える。そして平成12年の少年法改正(厳罰化と適用年齢引き下げ)へと繋がっていった。...

記事全文を読む