爆竹テロに始まり事故死で幕を閉じた「花柳幻舟」の平成

社会週刊新潮 2019年3月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 舞踊家・花柳幻舟の変わり果てた姿が発見されたのは、群馬県安中市にある碓氷(うすい)第三橋梁(通称・めがね橋)下の遊歩道。家元を包丁で切りつける事件を起したり、「即位の礼」の祝賀パレードに爆竹を投げつけて逮捕されたりと波瀾万丈の77年の人生を送ってきた。しかし、その最終章は思いもよらないものになった。...

記事全文を読む