“クロムハーツ”に“バレンシアガ”… 地面師「カミンスカス操」はブランド大好き

国内 社会 週刊新潮 2019年1月24日号掲載

  • ブックマーク

 重い足取りを支えるスニーカー以外は、上から下まで黒ずくめ。闇の世界からひっぱり出され、フラッシュの光を避けるように姿を現したのは、今や日本一有名な地面師となったカミンスカス操こと小山操(59)である。

 積水ハウスが55億円を騙し取られたとされる事件の主導役で、昨年10月、フィリピンへ高飛び。が、昨年末に不法滞在で身柄を拘束され、今月11日、とうとう強制送還となり、羽田空港であえなく“お縄”となった。

 ところで、逮捕時の彼、還暦を前にした男性にしては、ずいぶん若作り。さるファッションライターによれば、

「トップスとパンツは“クロムハーツ”ですね。高級シルバーアクセサリーで有名なセレブ御用達ブランドです。上下合わせて十数万円はするでしょう。インナーは“バレンシアガ”。パリコレ常連の老舗で、Tシャツの相場は4万~6万円ほどです。首元にロゴが入っていますが、小文字のものは珍しい」

 それだけではない。

「注目すべきは白の一点使いが目を引くスニーカー。“オフホワイト”という、ジャスティン・ビーバーも愛用している最新のストリートウェアブランドのもの。安くても3万円はしますよ」

 計20万円は下らないというわけだ。名画「紳士は金髪(ブロンド)がお好き」にならえば、地面師はブランドがお好きのよう。ただし、高級品には“なりすまし”が付きもの。パチモンにはどうかご注意を……と、これは釈迦に説法か。