東電OL事件で無罪「ゴビンダさん」は今 本人語る“年収1000年分”補償の使い道

社会週刊新潮 2018年12月27日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 出稼ぎ先の異国で塀の中に落ちた青年は、最後は大金を手に帰って行った。1997年3月に発生した「東電OL殺人事件」。逮捕されたネパール人のゴビンダ・プラサド・マイナリさん(52)は、いったん刑務所に収監されながらも無罪を勝ち取った。いま、孫も誕生して悠々自適のご本人に聞くと……。

 ***...

記事全文を読む