殺人告白「前橋スナック乱射事件」組長は無罪 裁判長は“大岡裁き”か

社会週刊新潮 2018年12月27日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 異例ずくめの裁判は、意外な結末を迎えた。「前橋スナック銃乱射事件」などで死刑判決を受けた矢野治元住吉会系暴力団組長(69)が、あらたに告白した2件の殺人。結局、それについて、東京地裁は12月13日、「無罪」を言い渡した。これ以上、「死刑執行引き延ばし作戦」は許さないという「大岡裁き」か。...

記事全文を読む