「永田町の黒幕を埋めた」告白の死刑囚が初公判 明かされた怒りと詭弁

社会週刊新潮 2018年11月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 禿げあがった額、後ろに撫で付けられた白髪、両耳の補聴器。古希を目前に控えた被告人の姿は、老人そのものだ。が、握りしめられた左手をよく見ると、それが、握りしめられた“ような”手だと気付く。4本の指を詰めているため、親指しか残っていないのだ。...

記事全文を読む