北九州監禁事件 「緒方純子」受刑者から息子への20通の手紙

社会週刊新潮 2018年12月27日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 平成の世に凶悪犯罪は数あれど、ここまで底知れぬ闇を感じさせた事件は珍しい。松永太(57)という稀代の殺人鬼によって運命を狂わされてしまった母子。目下、無期懲役囚として服役中の緒方純子(56)は、獄中から「息子」に手紙を送り続けていた。

 ***...

記事全文を読む